一般社団法人由利本荘医師会│秋田県│由利本荘市│由利本荘医師会病院│休日応急診療所

由利本荘医師会病院
〒015-0885
秋田県由利本荘市水林456-4
TEL.0184-22-0054
FAX.0184-22-6738
---------------------------
・由利本荘医師会病院
・検査センター
・由利本荘看護学校
・医師会せんがり施設
・地域産業保健センター
・休日応急診療所
(由利本荘市)
---------------------------
qrcode.png
http://honyui.jp/
モバイルサイトにアクセス!
156462
 

フォトギャラリー

 

過去のフォトギャラリーに関しては下記からご覧下さい

過去のフォトギャラリーに関しては下記からご覧下さい
 
 

フォトギャラリー      ―無断転載を禁じます―

フォトギャラリー      ―無断転載を禁じます―
フォーム
 
平成28年5月号
2016-06-02
【「エトランジェ」黒川博之】
 3月下旬、私はとある人造湖に佇んでいた。暮春が迫る中、クォークォーの鳴き声をたてて彼方此方から白鳥の群れがバサバサと湖面に着水してきた。あたりがすっかり闇に包まれる頃、湖の一面は夥しい群れに埋め尽くされていた。翌朝に再訪すると羽音高く、彼らは次次に湖面から空高く北帰行の最中で一時間もすると家族らしい4、5羽を残してすっかり消え湖面に静寂がもどった。
 しかし写真のように春夏秋冬、写真のような白鳥のみられる小さい湖がある。
 彼らを何と呼ぶのだろう。越冬落伍者、残留孤児、抑留者、棄民抑留民、異邦人、旅人。いずれ彼らは何時も湖の同じ場所に浮かんでいる。「越鳥巣南枝」という言葉を辞書に見つけた。南方の越からきた鳥は巣をかけるにも南に近い枝を選ぶそうだ。故郷忘れ難し。
栗山池公園ニコンDX 100 オート撮影。
 
平成28年4月号
2016-04-21
【「象潟港に沈む夕陽」鈴木敬麿】
時期は昨年4月上旬の夕方、場所はにかほ市象潟町の象潟港です。
OLYMPUS PEN E-P1、
M. ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ、
プログラムモード、ISO100、F 3.5、ホワイトバランス自動、
露出補正-0.3、高彩度。
 
平成28年3月号
2016-03-29
【「一足先の春」佐藤 誠】
一足先に春を迎えた皇居のお堀端
カメラ機種名 OLYMPUS OM-D Mark Ⅱ
シャッター速度 1/320
絞り数値 8.0
ISO感度 200
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
 
平成28年2月号
2016-02-19
【「鳥海山は氷糖のごとし」間宮繁夫】
「ここにして天の遠くにふりさくる鳥海山は氷糖のごとし(齊藤茂吉)」
 この冬は暖冬で雪が少なく、多くのスキー場が困っています。写真を撮る側でも、木々には雪の付着が少なく、土手は地肌が見えていて厳冬の季節感がでません。温暖化の影響で、このような冬が続くのでしょうか。
RICOH CX 4 ,
RICOH ZOOM LENS 4.9-52.5mm F 3.5-5.6 (21mm),
F 9.8 , 1/1410秒, IOS-200, -1 補正, トリミング.
 
平成28年1月号
2016-01-13
【「飛翔」黒川博之】
 
平成27年12月号
2015-12-16
【「初冬の鳥海山」鈴木敬麿】
 時期は12月の初旬、場所は、にかほ市象潟の市街にある当院からの撮影です。
OLYMPUS PEN EP-1、
LUMIX G VARIO DIGITAL ED 14-140mm/F 4.0-5.8 ASPH
MEGA O.I.S. 、風景モード(高彩度)
 
 
平成27年11月号
2015-11-20
【「里山の秋」佐藤 誠】
長い々モノトーンの季節を前にして彩を添える里山
カメラ機種名 Canon EOS 5D Mark Ⅲ
シャッター速度 1/60
絞り数値 9.0
ISO感度 400
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
 
平成27年10月号
2015-11-20
【「水があふれて水が音たてゝしづか(山頭火)」間宮繁夫】
 今年の夏は冷夏という予想を覆し、全国的には猛暑の日が続きました。秋田でも夏日が続きましたが、お盆を過ぎれば例年通り涼しくなり秋が来ました。鳥海山の山裾に立入れば昼でも涼しく、豊かな水が音を立てて静かな森の中を流れています。
Canon EOS 5 D Mark II, EF 24-105 F4L IS USM(24mm),
C-PL, F 4,1/4秒, +0.7補正, IOS-200.
 
平成27年9月号
2015-09-24
【「夏の墓標」 黒川博之】
 私に与えられたテーマが「夏の終わり」であった。締め切りが八月十二日である。さあ、弱った。苦悶する中、大体の撮影場所、時間と構想を決めた。近所の海辺の早朝または夕暮れである。十数枚撮影したものの、なかなか思う日の光に恵まれず、気に入らない。今年の夏は好天続きだが私の自由になる時間帯には曇り空も多くて焦燥のままに時間のみが過ぎた。八月四日の朝に魁新聞「北斗星」を寝床で読んだ。2日後になんとなくブラリと惹かれるように、西目町山あいの真夏の里山に向かった。出来あがったのがこの一枚。広島に原爆が落とされた朝に撮影した。つば広帽にひげぼうぼうの倉田窯の倉田鉄也さん。ありがとうございました。
ニコンD40Xのオート撮影。
 
平成27年8月号
2015-09-02

【「夕暮れの新由利橋」鈴木敬麿】
 場所は本荘グランドホテルそばの子吉川河川敷。時は8月の終わりです。
OLYMPUS STYLUS Tough TG-3、P(プログラムモード)、
ISO 100、ホワイトバランス自動。

4
<<由利本荘医師会病院>> 〒015-0885 秋田県由利本荘市水林456-4 TEL:0184-22-0054 FAX:0184-22-6738